Blog

HOME > BLOG

Blog

09/12 15:43ニキビについての基本

いつもご覧いただきありがとうございます!プルケルスパの山中です。

コロナ禍でマスク生活も当たり前となり、
お客様から真っ先に寄せられたお悩みが「マスク荒れ」についてでした。
マスクとお肌の擦れによるバリア機能の低下から起きるケースの多い肌トラブルですが、
今回はニキビ自体についての原因やその過程、また対処方法もご紹介をさせて頂きます!
【ニキビの原因】
ニキビは思春期の男女に多く見られ、特に脂性肌の人によくできます。
しかし、脂性肌のすべての人にニキビができるわけではなく、
毛包の角質が厚くなり、毛孔を狭くすることで皮脂が皮膚表面へ流れていくのを妨ぎ、
毛包に皮脂が詰まってしまう事でニキビが形成されます。
【過程】
・第一段階(毛穴のつまり)
毛包に皮脂が詰まり、表面がざらざらしてきます。
皮脂の多い顔の中心部にできやすい。
・第二段階(白ニキビ・黒ニキビ)
毛包に詰まった皮脂が固まり、面皰という小さな円柱状のかたまりができる(コメド)
表面が白いものを白ニキビ、黒いものを黒ニキビと呼ぶ。
・第三段階(赤ニキビ)
ニキビの原因であるアクネ菌によって炎症(丘疹)が起こる。
自覚症状もある状態。
・第四段階(黄ニキビ)
赤ニキビが悪化し、表皮ブドウ球菌などが増殖するため、
膿を持った状態になる(膿胞)
・第五段階(ニキビ跡)
炎症で皮膚の真皮組織が破壊され、ニキビ跡となる。
皮膚が隆起して、しこりになるものや陥没するものがあり、多くの場合色素沈着を伴う。
【基本のお手入れ方法】
ニキビのお手入れの基本は、なんといっても肌を清潔に保つことです。
丁寧な洗顔を心がけたり、老化角質を除去する方法としてピーリングや酵素洗顔も効果的です。
洗顔後は殺菌効果のある化粧水や、油分の少ない乳液を使用して肌を整えましょう。
炎症の酷い部位はメイクアップなどを避けた方が良いでしょう。
【お手入れのポイント】
・洗顔のし過ぎはNG
洗いすぎは乾燥を招き、修復する為に皮脂が過剰に分泌してしまう事があります。
洗顔は朝夜の2回で十分です。すすぎを丁寧に洗顔することを心がけましょう。
・ニキビをつぶさない
雑菌が入り込んでしまい、膿が出る場合があります。
また、皮膚組織が破壊され、色素沈着の原因にもなります。
いかがでしたでしょうか?ぜひ皆様もお試しください♪