Blog

HOME > BLOG

Blog

11/17 21:53正しい水分補給

こんにちは、才藤です。

むくみのケアに水分補給をすると良い…と聞いたことはありますか?
確かにむくみを予防するには適切な水分補給が必要になります。
身体に水分を溜め込みたくないからなるべく取らない、あるいは逆に飲み過ぎてしまう…どちらもよろしくないです。飲み方を間違えると、かえってむくみを悪化させてしまうこともあるといいます!

慢性的なむくみが続く状態を水太りといいます。この場合、水分が不足していることが要因になっていることが多いです。
体内の水分が不足すると必要のない老廃物が汗や尿として体外へ排出される機能が滞ってしまい、うまく排出できないため、むくみとなってしまうのです。

ホルモンバランスが関係して、女性の方が男性よりもむくみやすいと言われています。

むくみを取るために、水分は冷たいお水ではなく、常温のお水を選ぶようにしましょう。
冷たい水は吸水スピードが早いので身体へ負担がかかってしまい、日常的に冷たい飲み物を飲んでいると慢性的な冷えや便秘となってしまうこともあります。
常温の水をゆっくりと飲むと、むくみを解消してくれるミネラルの吸収も良くなります。
ミネラルを多く含むのは軟水よりも硬水なので、硬水を選ぶようにしましょう。
元々日本人はミネラルが不足しがちだそうです。ミネラルが不足するとむくみだけでなく、便秘や肌荒れの原因となってしまうこともあるので、積極的に取っていきたいですね。

水分補強は一度に多くの水分を取るのではなく、コップ1杯の水を1~2時間に1回のペースくらいで小まめに飲むことが理想とされています。

喉が渇く前に水を飲み、常に水分が足りない状態を作らないよう心掛けましょう。