Blog

HOME > BLOG

Blog

10/03 11:59納豆の健康効果・美容効果!

いつもご覧いただきありがとうございます♪

今回は、日本人なら一度は食べたことがあると言われる、納豆についての魅力をお伝えしていきます!
おすすめの食べ方や意外な注意点についてもご紹介をさせて頂きますので、是非ご覧ください(*^^*)

●納豆の栄養素
・ビタミンE…抗酸化作用。細胞の健康維持を助けてくれる
・食物繊維…腸内環境を整えてくれます。
・カルシウム…骨や歯の形成に必要な栄養素
・イソフラボン…体内で、エストロゲンに似た働きをする
その他にも納豆菌が発酵することでビタミンKやポリグルタミン酸など、新たな健康成分を生み出してくれます!

●納豆菌とは…
納豆菌は胃酸に負けることなく生きたまま腸内にたどり着き、もともといる善玉菌を抑制し、腸内環境を改善し免疫力UPに繋がります。
また、大豆に納豆菌を加えて発酵させるとナットウキナーゼが生成されます。
このナットウキナーゼとは血栓を溶かし、血液をサラサラにしてくれる効果が期待できます。

●貴重なたんぱく質源
納豆の素になる大豆は、畑の肉と呼ばれるほどたんぱく質が豊富な食材です。
そんな大豆を納豆に加工することでたんぱく質の吸収率は80%以上まで高まると言われています。
(煮豆の状態で65%程度)
そのため、納豆は運動後などのタンパク質を効率よく吸収したい時などにも最適な食材と言えるでしょう。

 

●おすすめの食べ方
【納豆×常温ご飯】
アミノ酸のバランスが良くなります。
アマニ油やオリーブ油を少量掛けるのも良し。
納豆や油の栄養素は熱に弱い為、ご飯は常温まで冷ましてあわせるのもコツの一つです。

【納豆×トマト】
納豆には五大栄養素がすべて含まれていますが、比較的量の少ないビタミンAとCをトマトが補ってくれます。
お肌も健康保ってくれる組み合わせといえるでしょう。

 

●注意点
非常に優れて非の打ち所がない納豆ですが、食べ過ぎには実は注意が必要です。
通風のリスクや肝機能不全、吐き気やホルモンバランスの崩れ等を引き起こす可能性があります。
最適な摂取量は「1日一パック程度」と覚えて置いて下さい。

いかがでしたでしょうか?
皆様もぜひ、納豆を1日一食取り入れてみてください♪

最後までご覧いただきありがとうございました。