Blog

HOME > BLOG

Blog

09/15 11:50綺麗な肌と荒れた肌

こんにちは!芳川です♪

今回は、綺麗な肌と荒れた肌についてお伝えします!

そもそも、肌の綺麗·汚い、状態のよしあしを、知らない方もいらっしゃると思います。

綺麗で状態のよい肌とは、簡単言えば、「キメが整った」「明るい」肌のことを言います。

反対に、汚く、状態の悪い肌は、「キメが整っておらず」「くすんでいる」と言えます。

ここで疑問に思うのは、「くすんだ肌、キメの整った肌ってどんな状態?」でしょうか

まず、「くすみ」についてですが、
くすんだ肌とは、簡単に言えば「肌の色が暗くなった状態」です

ご自身の顔を鏡で見てください。

「なんだかドス黒いな……」
「肌の色が暗くて元気がなさそう……」

そんな方は、肌がくすんでいる可能性があります。

肌がくすむ原因はさまざまですが、大きくは次の3点が挙げられます。

1.紫外線を浴びてつくられた過剰なメラニン
2.古い角質の蓄積
3.血行不良

1.については紫外線対策と帰宅後のスキンケア
2.についてはピーリング
3.については血行をよくするマッサージ

これで肌は驚くほど明るくなります。

正しい生活習慣と日々のスキンケアを実践すれば、根本からの改善も可能となります。

続いて、「キメの整った肌」についてです。

下のイラストをみて下さい。

これは、肌をマイクロスコープで拡大した画像をイラスト化したものです。

上がキメの整っていない肌、下がキメの整っている肌です。

比べてみると違いがわかると思いますが、キメが整っている肌は、溝が深くハッキリしていて三角や四角の「皮丘」が均一にあります。

反対に、整っていない肌は、溝が浅く、皮丘の境い目もあいまいな状態。

肌のキメが整っていないと、くすみが目立ったり、小ジワができたり、毛穴が目立ったりします。

肌のキメを整えるには、紫外線のケア、生活習慣の見直し、正しい洗顔、保湿のスキンケアが大切です。

スキンケアや生活習慣を改善していけば、肌のキメは整ってくるかと思います。

是非、参考にしてみて下さい。