Blog

HOME > BLOG

Blog

11/07 17:27飴と予防

こんにちは、才藤です。

気温が下がってきて乾燥も感じる季節になってきましたね。
そろそろインフルエンザのワクチンを打ち始める頃合い、感染症対策に慣れてきた世の中ですが、引き続き警戒して元気に秋冬を楽しみたいですね。

基本の対策としては、やはり小まめな手洗いやワクチンの接種になりますが、インフルエンザ対策としてのど飴もよく挙げられます。
のどが乾燥している状態だと気道の防御機能が弱まってしまうため、のどのケアをして潤いを保つことが有効だからです。

のど飴を舐めると唾液の分泌が促されます。口腔内の湿度を保つことで気道の防御機能が正常に保たれて、インフルエンザウイルスを体外へ排出しやすくなるといいます。また、唾液に含まれている「IgA」という成分が体内に侵入してきたウイルスや細菌とくっつき、それらを失活化する働きを持つといいます。のど飴によって唾液の分泌を促し、口腔内の湿度をコントロールすることで、インフルエンザ予防に繋がるのです。
昨今は季節になるとドラッグストアに風邪の予防効果をうたうのど飴も並びますので、ニーズに合ったものを選ぶのも良いかと存じます。糖分のとりすぎや虫歯には用心しましょう。

人間のからだは多く水分で構成されていて、体の中の水分が少ないこと自体が免疫力をさげてしまうため、からだを乾かさないよう積極的な水分摂取が肝心です。体が潤っていると唾液も出やすくなります。唾液は食べ物を消化する働きだけではなく、体の防御反応としても大きな役割を果たしてくれます。

既存の風邪対策に加えてのど飴を利用することで、おいしく風邪予防をしましょう(^-^)
プルケルスパでは施術室に飴をご用意しております。いらしてくださった際にはお好みのものをぜひお手にとってください☆