Blog

HOME > BLOG

Blog

09/10 11:44首元のケア

こんにちは!芳川です♪

今回は、年齢の出やすい首(首元)のケアについてお伝えします!!

「手と首を見れば年齢が分かる。」
なんて言葉がある様にお顔はメイクで隠せても、手や首に現れた年齢は意外と隠しきれないものです。

◆首のシワの原因と対策
1、首に広がる広頚筋(こうけいきん)の老化
2、乾燥
3、寝るときの姿勢

1、広頚筋とは顎下から、デコルテ部分まで広がる表情筋で、ここの筋力が衰えてくると、お顔を引き下げ、更に首にたるみをもたらします。
スマホ首と言われる様にずっと下を向いた姿勢を長く取ったり、姿勢が悪くなる事で、広頚筋の筋力はどんどん緩んでいきます。

〈対策〉
日頃から姿勢を良くし、顔を上げる事を意識しましょう。
顎下の周りと、鎖骨の周りの広頚筋を良くほぐすことで、血液リンパ液の流れも良くなり、皮筋は引き上がり、首の皮膚もピンと張ります。

2、首元も乾燥します。
首元もお顔と同じように乾燥します。
また、首元は意外と沢山の紫外線を浴びていたり、洋服や、ストールなどの摩擦を受けるのです。
紫外線によって真皮層のコラーゲン繊維の断裂が起こり、ハリも失います。

〈対策〉
お顔と同様にスキンケアを行いましょう。
日焼け止めをつけ、日焼け止めを優しく洗い流した後には、お顔の保湿のついでに、首元まで保湿しましょう。
毎日のこの「ついでのケア」が、美しい首元への近道です。

3、寝るときの姿勢
気づかぬうちに、寝姿勢で首のシワを作っている場合があります。
女性の場合、うつ伏せで寝ると、胸が押し上げられてデコルテや首のシワとなります。
特に関節もなく曲がるはずのないデコルテラインに出来ているシワは、この寝姿勢が原因です。
また、高すぎる枕、低すぎる枕も首元にシワを作る原因となります。

〈対策〉
自分に合った高さの枕を使い、首元を伸ばして仰向けで横になるとを意識しましょう。
長年の癖で刻み込まれたシワも、今から癖を治していくことでこれ以上深く刻まない、元の状態に戻していける可能性があるといえるでしょう。

このほかにも、肩こりや頭皮のこりを改善することで、血液循環を良くし、透明感のある首元、デコルテを目指しましょう。
まっすぐと伸びた、ながい首は美人の条件とも言われています。

透明感のある綺麗な首やデコルテって素敵ですよね。
デコルテまでが自分のお顔と思って、手寧に首元のスキンケアをしていきましょう!