Blog

HOME > BLOG

Blog

09/26 19:47MAMANO CHOCOLATE

こんにちは、PULCHER SPAの佐藤です。
赤坂の美味しいチョコレート発見!!

ここのチョコレートは素材に拘っていて
韃靼そばが上にのっているのがあるんです!

クリスピーみたいで美味しい♪ブログ画像
太らないように、かつご褒美に1日1粒ずつ食べてます(^^)
赤坂見附にあるので是非気になる方は食べてみて下さい!

PULCHER SPA
営業時間11:30~23:00
〒107-0052
東京都港区赤坂2-14-31ウィンド赤坂B1
03-6807-4440 Instagram・Twitterしてます!遊びに来てね

09/25 12:11むくみについて

いつもご覧いただきありがとうございます!プルケルスパの山中です。

本日はむくみについての基礎的な知識をお伝えさせて頂きます。
むくみやすい方は必見です☆

【むくみとは】
むくみとは、身体の水分の割合が増加して
皮膚の下に溜まってしまっている状態をいます。

上半身よりも下半身に、
お顔で言うとフェイスラインや瞼に出やすいです。

浮腫みを抱えてしまうと、だるい、重い、疲れなどを
感じられる方も多くなります。

【むくみの原因】
浮腫みは、毛細血管から細胞の間に流れ出る水分が多くなったり、
毛細血管やリンパ管へ吸収される水分が減ることによって引き起こされます。

血流の不足、筋ポンプの滞り、塩分の摂りすぎ、水分不足等により
引き起こされるケースが多いです。

☆むくみケア☆

【生活編】

・適度な運動
脚は心臓からも遠く、ふくらはぎ等の筋肉が弱まりむくみやすいです。
ウォーキングや階段の登り降りもおすすめです。

・脚の先を動かす
つま先を上げたり、かかとを上げる運動などでふくらはぎの筋肉を動かします。

・末梢神経を温める
入浴等で末梢神経を温めることで、浮腫みの改善に即効性が望めます。

【食事・栄養素編】

むくみやすい梅干し、ラーメン、漬物、ハムなどの加工品、魚の漬物等
塩分の高いものは控えて、下記の栄養素を積極的に摂取してください☆

・カリウム…塩分を体外に排出してくれる
(アボカド、ほうれん草、フルーツなど)

・クエン酸…老廃物を分解・排出してくれる
(グレープフルーツ、レモンなど)

・ビタミンB6…ホルモンバランスを整え、生理前の浮腫みを抑制してくれる
(まぐろ、かつお、牛レバー、大豆など)

・ビタミンE…ナトリウムを尿中に排出してくれる
(モロヘイヤ、アボカド、プルーンなど)

・サポニン…体内の水分量を調整してくれる
(ごぼう、小豆、にんにくなど)

もちろん、むくみには脚のマッサージや背中のマッサージも効果的ですので
ぜひスッキリ流すためにプルケルスパにもご来店ください♪

最後までご覧いただき、ありがとうございました!ブログ画像

09/24 13:05オールインワン化粧品

こんにちは!芳川です♪

今回は、オールインワン化粧品についてお伝えします!

オールインワンは手軽に使え魅力的で機能も十分ですが、デメリットもあります。
化粧品にはそれぞれ人に合わないこともあるので、注意して使わなければなりません。
その注意点を説明していきます。

肌荒れの時には要注意。
オールインワン化粧品は化粧水の成分、乳液の成分、美容液の成分などがそれぞれ混ざりあっています。
つまりは、調節ができないのです。
例えば、肌の乾燥が気になるときには油分が必要で、ベトつきが気になる時にはさっぱりとしたスキンケアを使用したい。
化粧水や乳液を別々に使用している場合、この油分と水分の調整は可能です。
ですが、オールインワン化粧品になるとそれが難しくなります。

女性の場合、肌のバランスが崩れやすいのは生理前や、何らかの環境の変化があった時など。
とにかく肌の変化が多いものです。
このような時にはオールインワン化粧品は避け、肌の状態に合わせて化粧水や乳液などを別々に使用するようにしましょう。
肌の欲しがっている成分を的確に与えてあげることが大切です。

 

09/23 14:38シミの対策

こんにちは!須賀です!

今日は、シミの対策についてです!

マスクで顔が隠れている今、外ではあまり気にならなくなったが…お化粧などするときに鏡をみて、ハッと落ち込む瞬間ありませんか?

シミが…いる…。

シミが出来る一番の原因は、紫外線を浴びてしまう事です。

紫外線対策は大事です!!

 

まずは、健康な肌とシミのある肌の違いとは??

ターンオーバーが正常におこなわれている肌では、黒色メラニンも古い角質とともに皮膚の表面に押し上げられ、外に出されます。しかし、何かが原因でターンオーバーのサイクルが遅くなると、黒色メラニンは皮膚の中にとどまってしまいます。その排出されずに残った黒色メラニンが蓄積され、色素沈着を起こしてシミとなります。
シミを治すには、低下したターンオーバーの機能を正常にすることが大切です。

 

まず対策の一つは

肌のターンオーバーを改善するためには、規則正しい生活習慣が大切です。

・バランスの良い食事

・十分な睡眠

・適度な運動

上記の事を心がけると、女性ホルモンのバランスが整い、ターンオーバーの機能を高めることができます。

控えたほうが良い事は

・喫煙→体内に入ったニコチンがビタミンCを破壊

・カフェイン飲料(コーヒー、紅茶、緑茶)→摂りすぎると、黒色メラニンを拡散させシミを悪化

・心労、ストレス→肌に悪影響

 

それでは、シミに効く栄養素は

・ビタミンC

・βカロチン(ビタミンA)

・ビタミンE

・L-システイン

です!

上記が多く含まれた食べ物を食べて、シミを対策しましょう!

他にも、内服薬や美白化粧品に頼る対策もあります!

 

ぜひ、シミでお悩みの方は試してみてください!

 

09/22 11:38目の下のクマ

こんにちは!芳川です♪

今回は、クマの原因・お手入れ方法について

目の下のクマは疲れた印象や老けている印象を与えてます。

このクマにも種類があります。
青クマ・黒クマ・茶クマの大きく3タイプに分かれます。

まぶたには汗腺が無く、皮脂腺が少なく、角層も薄いので乾燥しやすく、神経も敏感な状態です。
また、まばたきなどで絶えず動くので負担も相当かかります。
更に、まぶたはメラノサイトの活動が盛んなので、色素沈着が起こりやすい部位にもなります。

◆青クマ(血行不良)
〈見分け方法〉
目尻を横に引っ張ると薄くなる。

〈原因〉
目の周りの毛細血管の血流が滞る事が原因。
目の疲れや冷え、寝不足も原因。

〈お手入れ方法〉
血行をよくするマッサージやツボ押し。
睡眠をしっかりとる。
冷え改善の為に、アイマスクやホットタオル、入浴も効果的。

〈効果的な成分〉
カフェイン、ビタミンE、カプサイシン、ゴールデンカモミールなど

◆黒クマ(たるみ)
〈見分け方法〉
上を向くと薄くなる。

〈原因〉
年齢とともにハリや弾力が低下し、目の下に凹凸が出来る。
眼輪筋が衰え、脂肪が垂れ下がる。

〈お手入れ方法〉
目だけを上下左右に動かし、眼輪筋のトレーニング。
コラーゲン生成を促すケア、むくみ対策。
化粧品では限界があるので、ヒアルロン酸注射や下眼瞼手術が有効的。

〈効果的な成分〉
レチノール、ビタミンC誘導体、ペプチド、幹細胞培養液など

◆茶クマ(色素沈着)
〈見分け方法〉
横に引っ張っても上を向いても変わらない。

〈原因〉
シミが集まって茶色く見えたり、目を擦る事で起こる色素沈着、角質肥厚などが原因。

〈お手入れ方法〉
炎症を抑え、美白ケア。
目元の紫外線対策。
アイメイクは擦らず優しく落とす。

〈効果的な成分〉
ビタミンC誘導体の美白有効成分など

是非参考にしてみて下さい。

 

09/21 13:37秋の味覚!きのこ!

こんにちは!須賀です!
秋の味覚!といえば…私が真っ先に思い浮かぶのがキノコ!!

その中で今日はマイタケについて!!

マイタケは、スープでも炒めでも蒸しでもおいしいですよね!!
そんな、マイタケの効能についてです!!

 

 

 

◎肌荒れを防ぐ
肌荒れを防ぐ「ビタミンB2」と「ナイアシン」、お肌の潤いを保つ「トレハロース」、シミやそばかすの原因となる「メラニン」の活性化を抑える「チロシナーゼ阻害物質」が含まれています。これらにより、美白効果や、ストレスが原因で起こる肌荒れを予防・改善する働きがあります。

◎免疫力アップ
まいたけは、免疫の活性力を高め、細菌やウイルスに対する抵抗力を高める効果がある「β-グルカン」の含有量が、きのこの中でもトップクラス。 インフルエンザ予防にも期待ができるといわれています。

 

お肌のあれが気になる方、そしてコロナに負けない免疫力をつけたい方!ぜひ!マイタケ食べてみてください!!

09/20 12:30ピローカバーもご準備しています

まだまだコロナウイルスが収束しなさそうですね、、、

マッサージにも行きたいですがなんとなく気になってしまう方も

多いと思います。

 

当店ではアルコール消毒、検温はもちろん

ベッドはディスポシーツを使用しています。

更にディスポーザブルのピローシーツも

ございますので必要な方はお声がけください。

 

より安心で安全、かつ居心地が良い空間作りを

スタッフ一同心がけております。

 

PULCHER SPA赤坂店

 

09/19 13:07ビタミンDが必要な理由

いつもご覧いただきありがとうございます!プルケルスパの山中です。

 

「日光浴で生成されるビタミン」と聞くとご存知の方も少なくないかと思います。

今回は、ビタミンDの正体とその効果、なぜビタミンDが欠けてしまうと良くないのか?

についてお伝えをさせて頂きます!!

 

・ビタミンDとは

脂溶性ビタミンに分類され、必須栄養素の一つだが日光浴によって生合成もされます。

ビタミンDとはビタミンD2~D7の6種類の事で、

ビタミンD1は発見された後で不純物であったことが判明し、今では存在しません。

ヒトにとって重要なビタミンDは、D2とD3の2つであるとされています。

 

・期待できる効果

カルシウムのバランスを整えるためのサポート機能。

骨の健康を保つために働く。

最近では、免疫力UP効果やガンや糖尿病、自閉症、

また妊娠しやすい身体作りなどに有効かもしれないという報告もされてきております。

 

・ビタミンD不足で起こりやすい病気

クル病(小児)、骨軟化症、骨粗鬆症(成人)、糖尿病、動脈硬化、

免疫力低下、自閉症、うつ、花粉症など・・・

 

・ビタミンDの摂取方法

ビタミンDの摂取方法としては、食べ物から摂る方法と、

日光を浴びて紫外線に作ってもらう方法があります。

食べ物由来のビタミンDでは、

ビタミンD2が植物由来で、ビタミンD3が動物由来となります。

 

「食べ物から摂取する場合・・・」

ビタミンD3…動物性食品(魚肉、肝臓、鶏卵等)、人の皮膚に含まれる

ビタミンD2…植物性食品(天日干しシイタケ、キノコ、海藻類等)に含まれる

 

「日光浴で摂取する場合・・・」

紫外線の中のUV-B(280~315nm)がビタミンD3を生成。

東京都内で夏に直射日光を30分浴びると、700~800IUのビタミンDが

体内に作られるといわれる(肌の露出度は10%)

紫外線は季節によって届く量が異なる。そのため、その場所や季節によっても摂取可能な量は異なります。

 

 

いかがでしたでしょうか♪

皆様も、ビタミンDで丈夫な体作りを心がけてみてください♪

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

09/18 15:23秋と快眠

こんにちは、才藤です。

季節の変わり目ですね。
夏から秋に変わると、昼間の時間が短くなるため、夏よりも秋のほうが睡眠時間が長くなるといわれています。
人間本来のリズムに合わせてしっかりと睡眠を取ると、健やかに秋を過ごすことができるでしょう🍁

体温の変化にメリハリがあると深い睡眠がとれるといいます。夕方から夜にかけて軽い運動をすると、一時的に体温が上がり、その後は体温が下がるため、運動をしないときと比べると寝付きが良くなります。ただ、あまり激しく運動をすると交感神経が興奮してしまうため、ぐっすり眠ることが目的の場合はあまり良くないでしょう。

朝、軽い運動をすることは目が覚める手助けをしてくれます。血圧や体温が上がると、身体にエンジンがかかる状態になります。リズムがある運動をすると、覚醒させる脳内物質であるセロトニンが増えるので目が覚めてきます。
太陽にあたると体内時計がリセットされるため、身体のリズムが整い、健康な1日を始めることができるでしょう。

夕食にアミノ酸の一種・グリシンをとると睡眠の室が上がるといわれています。グリシンはホタテやイカ、カニやエビ、カジキマグロなどの魚介類に含まれています。
グリシンを摂ると寝入った後に深い睡眠が早く表れ、その後も睡眠が安定します。疲労感が減るために起床時の爽快感が増して、日中の活動もしやすくなるといいます。

しっかりと休んで、夏の疲れを取り、心地よい秋を健やかに過ごしましょう。

09/17 11:27シワ対策

こんにちは!芳川です♪
今回は、シワ対策についてお伝えしていきます!

シワは、年齢とともにお肌の老化が起き、お肌の弾力を支えている真皮にある「コラーゲン」や「エラスチン」が減少して、お肌の弾力を低下することで作られています。

若い時は、お肌に弾力があるため、一時的にできたシワはすぐに戻りますが、年齢を重ねるとそうはいきません。。

年齢を重ねる程、シワ対策に有効な成分を含んだアンチエイジング系の化粧品を使用し、対策を行う事がオススメです!

また、ターンオーバーの促進や肌細胞を活性化することは、コラーゲンやエラスチンを増加させます!
肌の代謝を促進するために定期的にエステサロンでフェイシャルマッサージを受けるのも対策の1つになります。

また、シワは紫外線によってもでき、特にお肌の深部まで到達するUVAの影響を受けます。
朝のスキンケアで乳液やクリームを塗った後、日焼け止めを塗るようにしましょう。

特に、次の部位は表情の癖などによってシワが出来やすいため、注意してケアしましょう!

目元・・・皮膚が薄く弱いうえに動きが多い為、シワになりやすい。
額・・・頭皮がたるむと額にシワが出来やすい。
眉間・・・考え事・悩み事などがあるとシワが出来やすい。
口元・・・乾燥しやすくシワになりやすい。歯肉が痩せた人はシワになりやすい。